浮気を謝罪する方法

浮気を謝罪する方法

浮気の謝罪

 

浮気をしたけど、本命とは別れたくないという場合、関係を修復するには謝罪しかないでしょう。

 

浮気がばれた時に、相手が取り乱してしまうのは当然ですが、自分のことを責められた際に、逆切れをしたり、暴言を吐いたりしてしまっては、その後いくら謝罪しても関係の修復は難しいでしょう。

 

浮気をしたことを認めて、自分が本当に悪かったと思うなら、誠心誠意言葉と態度で自分が反省していることを表す必要があります。

 

浮気された相手が自分の謝罪を受け入れてくれない場合、もしくは話が進まず、冷静な判断が出来ない状況にいるのであれば、両親や家族、信頼できる友人などに間に入ってもらうのもいいかもしれません。

 

相手に非が何かしらあった場合にも、浮気をしたほうが罪が重いのは当然です。

 

演技での謝罪は決して相手に伝わりません。

 

相手が謝罪をすぐに受け入れてくれるとは限りません。

 

浮気を謝罪するには誠心誠意込めて、何度も何度も行うことが大事になってきます。

浮気の謝罪、女性は感情に!男性は現実的に訴える!

絶対ばれない自信があるからこそしていた浮気。
これが突然ばれてしまった場合には、どうしますか。

 

しらばっくれても絶対にばれますし、一度はしらばっくれてその場をしのげたとしても次に決定的証拠をつきつけられたときには、もう二人の関係を修復するのは不可能になってしまうかもしれません。
ばれたら、もうここはいさぎよく謝罪をするしかありません。

 

そこでちょっと考えたいのがその謝罪のしかたです。
一番効果的な謝罪のしかたは、女性・男性で違うということを覚えておきましょう。

 

まず、女性に浮気の謝罪をする場合は、とにかく感情的に訴えましょう。
強い男性が涙をみせるというのも、賢い方法かもしれません。
女性は、やっぱり感情的に情に訴えられると弱いものなのです。

 

一方このような方法は男性には通用しません。
男性に浮気の謝罪を行う場合は、何が悪くて、今後どのようにするのかなどと具体的な内容を織り込むことが必要です。
それ抜きには、男性が納得することはできないのです。

 

いずれにしても、下手な言い訳・下手な嘘・逆切れこれだけは絶対にご法度です!