探偵会社にもしも依頼する時に何に注意するか

MENU

探偵会社にもしも依頼する時に何に注意するか

探偵会社に依頼する時に何に注意するか

 

もしも貴方の旦那様や奥様に浮気の疑いがあり、探偵会社に依頼をする場合に何を注意したら良いか。

 

何度か探偵に依頼をした事がある人ならば勝手も分かっており、抵抗は無いかも知れませんが、初めての時には考えてしまいます。

 

まず、インターネットなどで探偵会社を調べたら電話で問い合わせます。

 

この時リストアップするのは1社だけではなく数社が良いでしょう。そして浮気調査であれば要件を伝えます。

 

また、その後直接会って面談をしたい時は無料か有料かを確認します。

 

この時に注意したいのは、例え電話対応が良かったからと言って、探偵業としての腕が良いかと言うとそれは必ずしも比例はしませんので、電話だけで依頼をするのではなく、有料だとしてもなるべく会う様にしましょう。

 

そして直接会った時には相手の浮気の決定的証拠を掴むには料金がどの位必要かを確認しましょう。

 

何故なら溢れるほどのお金がある人であれば構いませんがそうで無い時には探偵会社に依頼をする内容に影響が出てくるからです。

 

また、以外な物が浮気の証拠になる場合がありますので、探偵にどんな物が必要かを必ず聞いた方が良いです。

 

例え相手がゴミ箱に捨てた買い物のレシートや領収書、レンタカーの控えや出張と言って泊まったホテルの領収書もです。

 

ですので相手が捨てた物はやたらめったら処分しない様にしましょう。

探偵会社に依頼する時に注意する事

もし貴方の旦那様に浮気の疑いがある時に決定的証拠を掴む為に探偵に依頼をすると。

 

先ずはせっかく探偵に依頼をするのですから、短期間にパッと終わらせたい所です。

 

ですので旦那様が浮気をしているのかな?と可能性がまだ低い段階だともしかするとただお仕事が忙しくて帰りが遅いだけかも知れませんので貴方の中でもある程度の確証が取れた段階で探偵に依頼をした方が良いでしょう。

 

また当然の事ながら費用面も気になるかと思うので必ず複数社に確認をする必要があります。

 

費用については基本的に総額で比較をする方法と、各依頼内容別に比較をする方法があります。

 

総額の場合は着手金、諸々の経費、そして成功報酬の合計になりますので、それぞれの項目を比較してみるのが良いでしょう。

 

また、各依頼内容で比較をする場合には大体が調査員の人件費になります。

 

概ね5000円〜20000円までの開きがありますので、例えば一日中相手に張り付いた時の金額でどの位開きがあるかなどを比較して、調査内容に全く差が無い様であれば安い会社を選ぶのが良いでしょう。

 

この様に色々な項目を各社で比較をしてなるべくお金をかけずに短期間で調査が終わる様に気をつけましょう。