家に行くときは人数の調整をして誤解されないようにしよう。

家に行くときは人数の調整をして

家に行くときは人数の調整をして誤解されないようにしよう。

家に行くときは人数の調整をして

 

浮気のライン引きはその人の考え方で左右されることでもあります。

 

もちろん「家に行くことは浮気」だとライン引きをする人だっています。

 

「家に行くこと」を浮気と決めた人は、「付き合っている人がいながら他人、それも異性の家に行くのはある意味裏切り行為ではないか」という考えもあるようです。

 

また昼間に家に上がるのはともかく、夜遅くに上がるのは如何わしい理由からだと疑いの目を向けている人もいます。

 

なので浮気を疑われないためにも異性の家に上がるときは同姓異性を合わせた複数人で行くようにしましょう。

 

複数人で入る場合はあまり怪しまれることもないみたいです。

 

また家に上がる時間もなるべく早い時間が好ましいです。

 

早い時間に上がってなるべく早く帰ることで恋人を不愉快な気持ちにさせる心配も減ります。

 

また仕事の都合等でどうしても自分一人で異性と密室で会う必要がある場合は、恋人に伝えてから行くようにしましょう。

 

隠し事をされたことが引き金となって浮気を疑われることもあります。

 

身の潔白を確実に証明するためにも下手に嘘をつくことは控えてください。

 

また、恋人が「何時までには帰ってきて」等と言った場合は出来るだけ守るようにしましょう。

 

無理なら最初から出来ない理由をしっかり答えましょう。

 

約束を取り合うことで信頼関係も生まれると思います。

関連情報

トップへ戻る