プラトニックな浮気でも離婚理由になる?

プラトニックな浮気でも離婚理由になる?

プラトニックな浮気でも離婚理由になる?

プラトニックな浮気でも離婚理由になる?

 

不倫というと肉体関係があることが条件になるようですが、浮気に関してはどこからか浮気なのかというのは人によって違うようです。そのため、プラトニックな浮気も存在し、肉体関係がなくても離婚原因にはなるようです。

 

SEXをしていなくても、妻以外の女性と二人きりでデートをしたり、長い時間共に過ごしたり、また恋愛感情を抱いている場合法律上では不貞行為とは言えないようです。

 

不貞行為は性行為のことを表し、腕を組んだり、キスをしたりという行為は不貞行為には含まれません。
しかしながら、離婚をする原因になる一つにはなります。

 

離婚原因には「婚姻を継続しがたい重大な理由」というものがあり、性格の不一致、DVギャンブル、宗教などが含まれており、そのなかにプラトニックな浮気も含まれます。

 

夫婦は体だけではなく、心で繋がっているものなので、肉体関係がなくても、プラトニックな浮気があると信頼関係などが崩れてしまうことも考えられます。またプラトニックな浮気はいずれは不貞行為にも繋がることになるでしょう。

不倫よりもプラトニック恋愛が重罪?

既婚者が浮気をしてしまうと、不倫になってしまいます。離婚を請求できる理由の一つに、浮気があります。

 

法的には不貞行為と呼び、配偶者以外の人と性的関係になることを指します。多くの人も浮気の線引きを「体の関係」としていて、一線を越えてしまったら絶対に許せないと考える人もいます。

 

しかし、だからといってプラトニックな関係は全く問題が無いかというと、そうでも無いようです。例え肉体関係が無くても、お互い恋愛感情を持ちながら会うことが浮気で、不倫と考える人もいます。むしろ精神的な繋がりが強く感じられるので、プラトニックな関係のほうがダメージを与えてしまいがちです。

 

それに、いくら2人がプラトニックな付き合いを主張したところで、大人の男女が親密に二人きりで会ってしまえば、証明のしようがありません。疑わしい行動をしてしまうこと自体が問題だという考え方もできます。例え体の関係は無くても、密室で異性が一緒にいることが不倫と思われてしまうかもしれませんね。

関連情報

トップへ戻る