浮気相手にダメージを与えるなら宝物を壊してしまおう。

MENU

浮気相手にダメージを与えるなら宝物を壊してしまおう。

浮気相手にダメージを与えるなら

 

交際相手に浮気をされて傷ついた心は、相手の宝物を破損することで落ち着かせましょう。

 

同時に相手へダメージを与えることもできます。

 

壊すものは相手が大切にしていたフィギュアなどです。

 

フィギュアは中々手に入らない物も多く、集めるのが大変だったりします。

 

そのような苦労して集めたものを捨てられたり壊されたりすると相手は酷く落ち込むでしょう。

 

浮気した交際相手にはいい制裁になるはずです。

 

フィギュアがない人は頑張って作ったプラモデルを壊してみたり、お金を貯めて購入した高級品を捨ててしまうという方法もあります。

 

「人を傷つけておいて自分だけ美味しい思いをすることは不可能」ということを教えましょう。

 

しかし相手が購入した物であまりにも高額な物を壊すのは辞めましょう。

 

100万相当の物まで手加減なしに壊してしまうと、壊された方は傷つくどころの騒ぎではないかもしれません。

 

購入することも2度と出来ないかもしれません。

 

絶対に手に入らない物や絶対に作り直せない物を壊したり捨てたりしてしまうと、壊した貴方が悪者になってしまうかもしれません。

 

絶対に修復不可能な状態になってしまう場合もあるので、交際相手と修復したい場合はやり過ぎには注意しましょう。

 

恋人の大切なものを貶すことも浮気に対する成敗になる?

付き合っている相手に浮気をされて困っている人もいるでしょう。

 

そんなときは付き合っている相手の自尊心を攻撃してみましょう。

 

相手が大切にしていたモノなどを勝手に鑑定に出したりして、その鑑定結果を相手に伝えるのです。

 

鑑定結果は高く評価されたとしても低くして伝えましょう。

 

高い評価を伝えても相手を喜ばせるだけです。

 

鑑定士に協力を得て、わざと低い鑑定結果を出してもらうのもいいでしょう。

 

鑑定ではなくリサイクルショップに売ってその値段を伝えるという方法もあります。

 

その場合も低い買い取り価格を伝えましょう。

 

相手はいいと思っていることやモノを低く評価されたことで少なくともがっかりするはずです。

 

それに加えて売られてしまったなんてことになれば、よりがっかりさせることができるでしょう。

 

しかもこの方法なら相手を怖がらせることはありません。

 

しかし付き合っている相手があまりにも傷ついてしまうようなら相手に事情を説明しましょう。

 

相手と修復することを望むならなおさら説明が必要です。

 

そしてやり過ぎたことを謝りましょう。

 

それで自分のことを棚にあげて怒るような相手だったら、付き合う価値もないでしょう。

 

新しい恋に踏み切った方が人生を楽しめると思いますよ。

 

浮気の復讐は、部屋にツーショット写真を貼ること。

浮気者に面白くも恐怖感を与えられる復讐方法があります。

 

それはズバリ「アナログ版リベンジポルノ」です。

 

「リベンジポルノって、裸の写真をネットに流したりするあれでしょ?

 

犯罪じゃん!」そう思った方もいるでしょう。

 

しかし、ここで言う「アナログ版リベンジポルノ」はネットに写真を流す犯罪行為のことではありません。

 

犯罪は流石に助長できません。

 

では「アナログ版リベンジポルノ」はどうやるのか。

 

そのやり方は簡単です。

 

浮気者の部屋に二人のツーショット写真を貼るのです。

 

アイドルヲタクが壁にポスターを貼るかのように、相手の部屋を二人で撮った思い出の写真で埋め尽くしてしまいましょう。

 

撮った写真が少なければ同じ写真を貼ってもいいですし、今はスマートフォンで撮影した写真でも簡単に印刷することができます。

 

ツーショット写真ではなく貴方の写真を貼り付けるという方法もあります。

 

浮気者が家に帰宅した時に部屋中がツーショット写真や貴方の写真で溢れていたら、色々と驚いて恐怖を感じるでしょう。

 

しかし泣くほど怖いような状況でもないので、相手を心底追い詰めることにもなりません。

 

浮気者には少しくらいの恐怖心が必要ではないでしょうか。

 

しかしこの方法は貴方が相手と同棲してたり、相手の部屋の合鍵を持っていて部屋に入っても大丈夫な場合に限ります。

 

鍵を壊して勝手に侵入することは絶対に辞めましょう。

 



浮気相手にダメージを与えるなら関連ページ

浮気に対する制裁は
浮気をされても別れない
浮気をする相手には