連絡回数が減った場合は浮気をしている可能性あり?

MENU

連絡回数が減った場合は浮気をしている可能性あり?

連絡回数が減った場合は浮気をしている可能性あり?

 

浮気をしているのかチェックしたい時は、恋人と連絡する回数や時間に注目してみましょう。

 

以前と比べて連絡を取り合う回数や時間が少なくなっている場合は、浮気をしているかもしれません。

 

浮気をしている人は生活パターンをどうしても変えなくてはいけない場合があります。

 

浮気相手とも連絡を取るために他の時間を短縮させなくてはいけないのです。

 

業務である仕事を短縮させるのには限りがありますから、恋人と連絡をする時間が多かった場合、必然的に削減されるのも恋人との連絡時間ということになります。

 

ですから急に恋人と連絡が取りにくくなって、怪しいと思うようなら、連絡が取れない理由を直接聞いてみましょう。

 

もしもやましいことを隠している場合は、態度がおかしくなるはずです。

 

特に人間は嘘をつくときほど言葉を重ねると言われています。

 

なので聞いてもいないことに対して自分から答えていたり、急によく喋るようになったら浮気確定かもしれません。

 

また嘘をつくときは右を見るという説もあるので恋人の目の動きにも注目してみましょう。

 

右を見ていなくても目が泳いでいたりすれば嘘をついている可能性があります。

 

逆にあまりにまっすぐ見つめてくる場合も要注意です。

 

普段とは違う話し方や目線をするほど、嘘をついている可能性が上がるのです。

 

女性が浮気をすると必ず会う頻度とメールの頻度が極端に減る

自分は人よりも多くの女性と交際相手なり浮気相手なりで女性と関わってきました。

 

その中で感じた事が、女性が浮気をするときは必ず会う事とメールの頻度が極端に少なくなるということです。

 

それは当たり前の事だと言われたら当たり前の事なのかもしれません。

 

女性は子供を産みますが、自分は女性の浮気と子供を産む事には関連染みた感じを受けます。

 

女性は女性自身の周りの男性の中で優れた遺伝子を見つけて、その男性の子供を産みたいという本能を持っているということを聞いた事があります。

 

女性が今、交際している男性に対して不満や懐疑心をもつと女性の気持ちが男性から少なからず離れていき、他の男性を求めていくようになる。

 

それがまさに浮気の始まりではなかろうかと思います。

 

自分自身も浮気をしたことがありますが、その時は相手に対する不満なり懐疑心がありました。

 

お互いがお互いを思う気持ちが何らかの理由で離れていく事で他の異性を求めていく。

 

これは誰しもが持つ本能であり、誰しもが浮気をする可能性がある事だと思います。

 

余談ですが、自分は相手の女性が他の男性と婚約をしている時にその女性と浮気したことがあります。

 

結婚間近なのに、相手への気持ちが離れている限り浮気はするものなのだなと驚きました。

 

理由も言わずに会わなくなるのは、浮気を疑う原因です。

付き合っていると色々な障害が生まれてしまいます。

 

ひょんなことから浮気を疑われることだってあります。

 

例えば恋人と会う頻度についても、浮気を疑われてしまう場合があります。

 

それは恋人同士で会う頻度が少なくなることです。

 

最初は毎日のように時間を作ってあっていたのが、ある日を境に週に一度しか会わなくなったり、週に一会っていたのが半月に一回になったり、半月に一回だったのが月に一回、月に一回が三ヶ月に一回、三ヶ月に一回が半年以上と会わない時間が増えていく度に恋人に不安と不信感を与え、その結果浮気を想像させてしまうのです。

 

会えなくなることについてしっかりとした説明があれば浮気を疑うこともほとんどありませんが、何の説明もなしに急に会えなくなってしまうと「他の恋をしているのではないか」と疑ってしまう場合があるようです。

 

ですから、仕事の都合で会える頻度が少なくなってしまった場合や、趣味に没頭するために会う時間を減らしたい場合などはあらかじめ恋人にその旨を伝えるようにしましょう。

 

恋人と言えども他人同士です。

 

いくら仲がよくても、いくら信用してもらえると思っていても、何も言わなければ伝わらないことだってあります。

 

特に浮気はシビアな問題でもあるので、自分の言動で自分の首を絞めることがないように注意しましょう。