浮気の予兆を見逃すな

MENU

浮気の予兆を見逃すな

浮気の予兆を見逃すな

 

どんなに好きで結婚しても、やはり男と女がずっと熱い気持ちを保ち続けて行くことは難しいと言われていますよね。

 

その理由として、男性が一人の女性に対して興味を持ち続けていられる期間は、最長で3年と言われているからかもしれません。

 

残念な事に、男性の浮気願望と言うのは誰にでもあると言われています。

 

ただチャンスが巡って来なければ実行しないまま一生を終える方もいらっしゃいますし、家族を大切にしたい気持ちから、どんなに魅力的な女性と浮気のチャンスがあったとしても、行動に移さない方もいらっしゃいます。

 

しかし、浮気をするしないが本人次第では余りにも悲しすぎますよね。

 

そこで、未然に浮気を防ぐ方法として、浮気の予兆を見逃さないポイントが幾つかありますので、例を挙げてみましょう。

 

携帯電話を肌身離さずどこにでも持っていく。これは浮気の予兆として有名なものです。

 

仕事で携帯電話を使用している方でなければ、お風呂場に、トイレにとどこにでも携帯を持ち歩くのは、奥さんに見られてはいけないやり取りを誰かとしているかもしれませんね。

 

急にサービス残業が増える。浮気をしている男性が言い訳として使う台詞で「急に残業になった」と言うものがあるそうです。

 

この残業、奥さんなら分かると思いますが、職種が変わらない限りそんなに頻繁に増えるものではありません。

 

もし怪しい場合には、残業手当がついているのか給与明細をしっかりと確かめる必要がありそうです。

 

食べ物の好みが変わったり、服装の好みが変わる。男性はとても単純と言われています。

 

付き合っている女性に、知らず知らずのうちに感化されて、食べ物の好みが変わったり、服装が変わる様な事が容易に考えられるのです。

 

もしも急に好みが変わる様な事があれば、他の女性と関わっている可能性があるかもしれません。

 

この様にご主人の小さな変化に気が付いた時は、既に浮気の虫が沸いている可能性がありますので、油断して浮気をさせないように注意ておきましょう。

浮気を疑う怪しい行為。風呂にまで携帯を持っていくようになる

スマートフォンや携帯電話は、現代社会で生きるには必要不可欠な存在になりつつあります。

 

ですがいくら需要の高い物であっても絶対に必要がない場所というものが存在します。

 

スマートフォンや携帯電話に関して言えば、トイレと風呂(脱衣所)です。

 

トイレは普通は一時間も二時間も籠っているような場所ではありませんから、携帯電話やスマートフォンを持っていく必要がありません。

 

出てから使えばいいだけです。

 

風呂は濡れやすい場所なので、機械を壊す可能性もあります。

 

だから防水加工をしている携帯電話やスマートフォンでないと使うのを躊躇うと思います。

 

そのように特に持っていく必要がない場所に携帯電話を持っていったら、自分が携帯電話やスマートフォンを放置している間に貴方に中身を見られるのを恐れている可能性があります。

 

携帯電話の中身を隠したい理由は浮気だけではありませんが、浮気を隠していることだってないとは言えません。

 

常日頃から携帯電話スマートフォンを使っていて、トイレや風呂にまで持っていっている場合は単なる依存症かもしれませんが、何故か急に持ち出すようになったら怪しいと睨んでもいいでしょう。

 

持ち出していることが怪しいと感じたら、恋人の目を盗んで中身を確認してみましょう。

 

浮気の証拠があった場合は証拠を確保して相手に理由を聞きましょう。

 

また浮気だった場合もそうじゃなかった場合も勝手に私物を確認したことを謝罪しておくと、信頼度が上がるかもしれません。