浮気かもしれない。そんなときはLINEの通知に着目して!

MENU

LINE

LINEの通知に着目して!

 

スマートフォンやiPhoneを使っている人の手段として、「LINE」という通知アプリがあります。

 

最近特に普及していて、スマートフォンを使っている人、特に若い世代の人はLINEを使ってやり取りをしていると言っても過言ではないでしょう。

 

その最新通話機能「LINE」でも浮気の怪しい証拠について調べることができるんですよ。

 

「LINE」で浮気をしていないか調べる方法は、恋人の携帯に来た「ポップアップメッセージ」に注目してください。

 

ポップアップメッセージはLINEを開いていなくても、自分が登録しているLINE使用者から連絡が来たことをお知らせするもので、文面の一部が表示されています。

 

そのポップアップメッセージに「昨日は楽しかったね」とか「また出掛けようね」等のデートを想像させる内容の文が書かれていたら、浮気の可能性もあるので要注意です。

 

またLINEの通知マークは出ているのにポップアップメッセージが表示されていないのも可笑しいと思っていいでしょう。

 

LINEのポップアップメッセージは「通知オフ」の設定をすることで消すことができます。

 

通知オフになっている場合は、浮気相手とやり取りをしているから、ポップアップメッセージに表示される内容を見られたくないのかもしれません。

 

しかし「通知オフ」は特定の相手にできるものですから、絶対に浮気相手だとは断言できません。

 

騒がしいグループLINEの通知をオフにしている場合もあります。

 

長電話や意味深な電話も浮気を疑う材料になってしまう

浮気の種類は沢山あるので基準を定めるのが困難な事柄のひとつになってしまっています。

 

そして、浮気は電話の仕方ひとつで疑われる材料にもなってきます。

 

例えば電話をする時間です。

 

交際相手よりも長い時間異性と電話をしていることがわかると、「自分より長く話したい相手がいる」と浮気を疑ってしまう事があります。

 

同時に「自分と話していても楽しくないのかもしれない」と嫌悪感を与えることにもなりかねません。

 

しかし仕事の都合等で異性と長電話をすることもあるかもしれません。

 

昔馴染みだからつい話が弾んで電話が長くなってしまうこともあるでしょう。

 

しかし、浮気を疑う側も1度や2度の長電話ですぐに浮気を疑うわけでもありません。

 

幾度にも渡って長電話や不審な電話をしていることがわかった場合、浮気を疑うようになってくるみたいです。

 

なので交際相手から電話が原因で浮気を疑われてしまったら、今までの電話のやり取りが長すぎて不安にさせた場合もあると思っていてください。

 

そして出来るだけ早く交際相手の誤解を解くようにしましょう。

 

また夜中に異性と電話をしていたりするのも、浮気を疑われる要因になるので、何もないにしても電話をかける時間には配慮するといいでしょう。