リスクが高い会社での浮気

リスクが高い会社での浮気

リスクが高い会社での浮気

 

会社の中で恋愛をして、結婚する人が多いように、会社の中で浮気をする機会はたくさんあります。

 

実際に男女が同じ時間を過ごせば過ごすほど、信頼関係が築かれ、その中で異性に惹かれてしまうことは避けられません。
会社内での恋愛を禁じていないところでも、浮気や不倫問題を容認する会社はないといってもいいでしょう。

 

そのため、会社内での浮気、不倫は内密に、また慎重に行われることがほとんどです。

 

浮気がばれると既婚者の場合家庭内の崩壊に加え、会社での立場も危うくなってしまいます。

 

会社での浮気を堂々と行う人はいませんので、証拠をつかむのもなかなか難しいのですが、大体の場合退社後に浮気行為をすることがほとんどです。

 

最近では配偶者から浮気の疑いをかけられることに加え、会社自体が社員内で浮気や不倫行為がないか調査しているところも増加しているようです。

 

たしかに恋愛感情が生まれやすい環境ではありますが、会社での浮気はリスクが高くなるため避けたほうがいいでしょう。

 

職場での浮気は危険

女性なら誰でも本命になりたいものですが、その気持ちとは裏腹に浮気相手になってしまうこともあります。

 

浮気相手になってしまう環境は、ほとんどの場合職場で浮気になる状況に陥ってしまうようです。

 

職場では同じ目的のために力を合わせて仕事をするため、仲間意識や信頼関係も生まれますし、落ち込んだり心配したりした時に優しく励ましてくれる恋人もちの同僚や、妻子ある上司に惹かれることも時としてあります。

 

あまりにも好き過ぎて、浮気してもいいのではないかと思ってしまうかもしれませんが、職場での浮気はリスクが大変高いです。

 

例えば浮気がばれてしまった場合、職場全体に知れ渡り居心地が悪いことや、職場での浮気、不倫は会社に対する信頼を著しく裏切り行為とみなされ、懲戒解雇されることもあります。

 

また配偶者側から慰謝料を請求されたり、既婚者とではない場合でも、相手の本命の彼女が仕事場に乗りこんできたりと修羅場になり、人生に汚点を残してしまいます。

 

好きという気持ちに呑まれるのではなく、リスクをしっかりと考えましょう。

社内の浮気にはリスクが付き物

社内では同僚や上司や部下という近しい関係で、長い時を過ごすため、浮気をする可能性も増えてきます。

 

浮気の多くは社内で起こるといっても過言ではありません。

 

しかし、社内での浮気はリスクが大きいため長続きすることが少ないようです。

 

浮気は家庭内だけではなく、社内の雰囲気や秩序を乱す可能性があるため、もしばれてしまったり噂になったりすると、会社の中で居心地の悪い思いをしたり、また社内に入れなくなり、ひどい場合は懲戒退職という退職金が支払われない、事実上のクビになることもあります。

 

また、浮気された相手が会社に訴えることも考えられますし、仕事を失うだけではなく家庭も失い、同時に慰謝料の請求をされて、すべて失うことになってしまいます。

 

社内での浮気は人間関係に重大な支障をきたす恐れがあり、大変リスクがあります。

 

もしも、今社内での浮気の誘惑に駆られているのであれば、今後のリスクやマイナス要素を考えてみるほうがよいでしょう。