婚約者がいて浮気をしたら

婚約者関係にいて浮気をしたら

婚約中の浮気

 

浮気をされて慰謝料を請求できるのは結婚している人だけではなく、婚約中の人にも適応されます。

 

結婚直前になり、婚約者の浮気が分かってしまった場合、婚約が破棄されることがほとんどですが、婚約者双方は婚約をしたことにより貞操を守る義務も負っていると判例があるため、浮気をしたことで、貞操義務を違反した婚約者に、慰謝料等の損害賠償請求は可能になります。

 

婚約者が浮気をした場合、浮気された婚約者は、婚約者浮気相手に対しても、慰謝料請求することが出来ます。
これは婚約関係の解消をしてもしなくても請求できます。

 

ただし、相手が婚約関係にあることを知らなかった場合には慰謝料は請求できません。

 

婚約者が浮気をした場合には、式直前の場合もあります。

 

結婚を取りやめる場合はキャンセル料なども請求される場合がほとんどです。

 

婚約者の立場で浮気をすると、慰謝料だけではなく、社会的立場も難しくなることがほとんどですし、別れないにしても結婚生活を始めるにはあまりいいスタートを切ることは出来ないので、避けたほうがいいでしょう。