法律上には「浮気」という言葉はない

法律上には「浮気」という言葉はない

浮気されたら

 

離婚の原因の一番は性格の不一致が一番多いようですが、離婚の際の裁判や調停までにもつれ込むケースはやはり配偶者の浮気です。

 

法律上浮気という言葉はなく、「不貞行為」と表現されています。

 

法律上で言う浮気は「配偶者のある者が、自由な意思に基づいて配偶者以外の異性と性的関係をもつこと」と定義されています。

 

夫婦関係を締結、つまり始めた時から法律上でも、倫理上でも夫婦は同居し、互いに協力し、扶助しなければいけない義務と同時に、貞操を守る義務が含まれています。

 

しかし、この不貞行為は異性との肉体関係を表すため、例えば同性愛などの同性との浮気は法律では不貞行為とはみなされませんが、「婚姻を継続しがたい重大な事由」にあたります。

 

ただし、法律でいう不貞行為=浮気ではなく、浮気は人によってどこからが浮気なのかという考えが変わってきます。

 

例え肉体関係がなくても、夫婦のどちらかが浮気したと思えば離婚の原因にはなってくるでしょう。