異性の友人関係は成立する?

異性の友人はどうして成立が難しい?

異性の友人

 

異性の友人は成立するかどうかということは、ずっと語られてきたテーマです。
成立するという意見は女性にやや多いように感じます。

 

男性側に成立しないという意見が多いのは、自分も同様に男性には必ず下心があるからだという考えからです。

 

異性の友人がいて良かったと思うときは、恋人のことを相談できるからという理由が多いですよね。
彼氏のことが分からなくなったとき、男性の友人に相談するという人もいるでしょう。

 

でも、実は女性の恋愛相談に乗る場合、下心があるからという男性も多いのです。
女性側にはまったく特別な意識が無くても、そのようなすれ違いがあるんですね。

 

お互い異性として意識せず、何年も友人関係を続けている人もいますが、やはり数は少ないように思えます。

 

どちらか一方がそう思いこんでいるケースも多く、実は恋愛的な感情を秘めていることが多いのです。
良い関係を続けていても、ある日突然感情が芽生えてしまう可能性を秘めているのが、異性間の関係かもしれませんね。

異性の友人が成立するケース

異性の友人は成立するかもしれませんが、成立しやすい間柄というものもあります。
どんな人となら友人関係を続けていられるか、考えてみましょう。

 

まず、お互い恋人がいる場合です。
フリー同士なら恋愛関係に発展しやすいということが言えますが、お互いの恋人に紹介済みなら、ますます下心が無いことが分かります。

 

友人自体が多ければ、男女関係無く付き合えるということも言えます。
恋愛に対してガツガツしてしなくて、余裕がある人ほど異性でも友人として付き合いやすいですね。

 

同性愛者であれば異性に対して下心も無いので、友人関係が成立しやすいと考える人も多いようです。
恋愛対象が同じだけに、時には同性の友人のように話し合うこともできますね。

 

また、同性愛者ではないけれど、恋愛自体にまったく興味が無い人もいます。
そんな人とも安心して友人関係が成立しそうですが、心自体を閉ざして距離を置かれてしまい、なかなか親密になれないこともあります。