浮気の裁判は

浮気の裁判は

 

浮気に関する裁判は起こした時点から長い間戦い続け心身共に疲れ果てるため、よっぽどの覚悟がなければ起こすことはできません。浮気に関する裁判の内容で多いのは離婚の協議、または慰謝料の請求に関するものでしょうか。

 

離婚は当事者同士の裁判ですが、慰謝料に関してはパートナーとその浮気相手2人を相手に訴えるので、そのストレスたるや想像を絶するほどのものでしょう。裁判をする際はもちろん専門家である弁護士を立てて相談していきます。

 

弁護士を雇う費用も決して安くはなく、最悪の場合裁判が生活に支障をきたすこともあります。裁判は、体力、精神面の健康、金銭面で多大な打撃を及ぼします。もしどうしても裁判を起こして相手を訴えたいと願う人は、覚悟をして裁判に望むべきです。

 

また、どうして裁判を起こしたいのか明確な意思を持つことが大事になってくるでしょう。その上で裁判が自分の人生のターニングポイントになり得るなら、起こす価値は十分にあるのではないでしょうか。

浮気の訴訟は

浮気をされた…できることなら訴訟してしまいたいとお考えのあなたへ。浮気を訴訟する方法として、慰謝料を請求する方法が1つ上げられます。慰謝料とは、精神的苦痛への損害賠償を意味します。

 

浮気によって傷ついた心を証明する形にもなるので、訴訟を考えている方は慰謝料を請求することを考えてみるといいですね。

 

慰謝料の請求方法は、本来なら訴訟なんかせず当人同士で話し合うのが一番平和におさまるのですが、そんなに良好な関係を気付けている人はいないので、専門家の手に委ねつつ浮気相手の自宅に内容証明郵便を送ります。

 

しかし、裁判は裁判で大変な面があります。まず費用が高額になります。そして、時間がとてもかかり心身ともにかかるストレスは計り知れないものでしょう。訴訟するということはそれだけで莫大なお金と労力をかけるということを意味し、とても大変なことなのです。

 

裁判で浮気を訴訟する際、不貞行為を証明する証拠は必要不可欠です。これがあって初めて、慰謝料を請求することができるのです。

浮気問題による調停

浮気による離婚や別居の場合、円満に話し合いが進むことは少なく、調停や裁判にまで進むことがあります。
裁判はなにか知られていますが、調停がなんなのか知らない人は多いかもしれません。

 

裁判などは裁判官が判決のような判断を下しますが、調停の場合は当事者が話し合いを行う手続きのことです。

 

ですから浮気した本人と配偶者が、第三者を交えて話し合いをする場を調停なのですが、拘束力は裁判に比べて弱いため、相手側が裁判所に出頭しなかったり、出頭しても話し合いがつかなかったりする場合は調停は不成立になります。

 

この場合は調停手続きは終了してしまうため、浮気問題を法律的に解決するためには、訴訟を起こすなりして、裁判を起こさなければ、事態は進みません。

 

浮気問題関して調停を行いたい場合は、特に弁護士などに依頼する必要はありません。自分で行うなら、費用や印紙代のみなので安くあげることが出来ます。しかし、あまりよくわからない場合や、不安な場合は専門家に指示を仰いだ方が確実でしょう。

トップへ戻る