男の浮気と女の浮気の根本的な違いとは

男の浮気と女の浮気の根本的な違い

 

男の浮気と女の浮気を同じに見ることはできません。
そこには浮気の根本的な違いがあるのが大きな理由です。

 

男の浮気は本能、女の浮気は理性という違いが根本に存在します。
この本能がそこにある男性はずばりの浮気の大きな目的は遊び相手が欲しいという感情です。

 

ですから相手に対して本命という気持ちはなく、いまある彼女が本命であることは変わらず、浮気はあくまでも遊び相手という位置づけが多いです。

 

一方、女の場合、このような遊び相手という感情はなく、多くの場合が本気で相手とのかかわりをもつようになる傾向が高いです。

 

男の本能からきているのと違い、女の理性によるものはその事前の使い分けに大きな差はないのが特徴です。
おのずと自分の彼氏のことで悩みを相手に相談しているうちに、気づいたら好きになってしまうということも案外多いものです。

 

男は本能にくわえ安心という部分からその行為に走りますが、女は逆です。
女は不安という部分がその行為に走らせます。

 

意外なことですが、しても大丈夫だろうという気持ちがその行為を男に走らせるのです。

 

一方で不安の部分で走る倍は、彼氏の気持ちに対しだんだんと不安になってしまったときや、自分自身が不安な気持ちであるのに彼が十分に答えてくれない時などがあげられます。

 

そのとき彼氏ではなく、ほかの相手についつい優しさを求めていくのです。
本能と安心、かたや理性と不安という正反対の違いが性別によりみることができます。

関連情報

トップへ戻る