浮気の尾行方法は

浮気の尾行方法は

 

浮気の調査において、様々な方法がありますが探偵さんなどがよく活用する尾行という方法があります。専門家である探偵さんだからこそのなせる技ですが、素人にもできる尾行の注意点をいくつか上げて行きたいと思います。

 

まず尾行方法には車両尾行と徒歩尾行があります。車両尾行は、走っているのは相手と自分だけではないのでとても難しいです。

 

相手に見つからないように車間距離を保ちながら、尚かつ他の車両との兼ね合いも考えながら走行する、というのが車両尾行の難しさです。

 

相手の運転がどのようなタイプなのかをよく考え、浮気の現場を見つけ出そうと深追いをしないように慎重に尾行することがポイントです。

 

徒歩尾行はなんとなく想像がつきますけど、実は色々コツがあるのです。まず相手の足下を見て尾行すること。これによって雨の場合でも傘で見失うこともないですし、振り返られても目を合わさずに住むのです。また、見つかりそうになったら電話をかけるなどの演技をすること。

 

その場にいてもおかしくない状況を自分で作り出すのです。これらのポイントを取り入れて是非浮気の調査の際実践してみてください。

浮気の尾行を素人がするには

もし恋人や配偶者の浮気が疑わしいなら、その事実を確かめる手段として尾行という方法があります。探偵に頼む場合もまずは尾行から調査が始まるのですが、費用も気になってしまいます。素人が自分で尾行をするというなら、かなりの覚悟が必要ですよ。

 

まず、相手が電車移動をするなら、気付かれずに乗り込み、そして気付かれずに降りる必要があります。人がいっぱいだと、見失ってしまう可能性もありますね。

 

探偵は見ず知らずの人が尾行するので近くに座ってもばれませんが、恋人や配偶者だと王もいかないので、離れたところで様子を見なくてはいけません。

 

自動車やタクシーで移動する場合は、かなり難易度が高くなります。探偵は数台の車を用意したり、バイクなどを用意したりします。素人がする場合も協力者がいた方がやりやすいのですが、できればプロにお願いしたほうがいいですね。

 

もし自分で尾行するなら、浮気現場に遭遇してしまう可能性もあることを覚悟しておきましょう。浮気が疑わしいからはっきりさせたいと思っていても、現実を目の当たりにするとショックが大きいものです。

トップへ戻る