妻のお金使いで浮気調査を開始した体験談

妻のお金使いで浮気調査の体験談

妻のお金使いで浮気調査を開始した体験談

妻のお金使いで浮気調査の体験談

 

相手のお金の使い方が荒くなったら、それも浮気調査の対象にするべきです。例えば、次のような体験談の例があります。

 

「私の妻は、いままで専業主婦でしたが、最近になってから、家計を少し助けるために、派遣の仕事を始めました。彼女は、大変明るく、皆に好かれるタイプで、結構美人です。

 

スタートしてから、3ヶ月くらいたってから、帰宅が少しずる遅くなってきました。聞くと、残業という理由で、深夜遅くに帰宅するようになりました。

 

派遣なのに、そこまで仕事をするのはおかしいといったら、けんかになったのですが、浮気調査会社に依頼して調べたところ、浮気していることがわかりました。

 

浮気調査会社がしっかり証拠を掴んでくれましたので、子供は私が引き取れるようになりました。」この体験談では、浮気調査会社を使って、証拠を掴み、結局子供の引き取れる権利を確固たるものにした例です。

 

大抵の場合、妻が子供を引き取るケースが多いのですが、このように妻に過失が合ったと認められる証拠が十分あれば、この体験談のように夫が子供を引き取る権利を得ることもあります。

ちょっとおかしいと思ったら浮気調査を勧める体験談

浮気がばれないと、なかにはエスカレートしてケースがあります。この体験談もそのひとつです。

 

「結婚後1年して子供も授かり、順調に日々を過ごしていましたが、子供が小学校に通いだしてから、妻がスポーツクラブに通いだしました。それから1ヶ月してから、なんとなく妻の行動に不信感を持ちました。

 

まず、妻の洋服の趣味とか、外見に気を使うことや、金使いも派手です。小学校の子供もほとんど親に預けて、時には私にまかせて、お洒落をして出かける日々が続きました。ある日、浮気調査を調査会社に依頼し、結局、現場の写真を撮り、離婚することになりました。

 

浮気調査を行った結果、相手の男性にかなりの金額を貢いでいたようです。結局、私は子供の親権を取得して、妻には今後の生活をスタートするにあたっての、わずかながらの金額を渡し、離婚しました。」

 

この体験談では、このまま行くと、相手へ貢ぐ金額も知らないうちにエスカレートして、家族ともども大変なことになっていたことでしょう。

 

体験談を見ると、浮気調査をして、はっきりと今後の身の振り方を考えるほうがずっと利口であることがわかると思います。

トップへ戻る